即金4000万円のリストラ離婚後の転職
リストラ離婚で即金4000万円渡し、仕事と家庭を同時に失った管理人
婚活

中高年の婚活 ― 私の実際の試行錯誤

私では婚活パーティは無理

婚活パーティは、大抵はそれぞれ20名以下の男女が実際に話してカップリングする形式のものです。それぞれが1対1で話し合う時間があり、かなりの方と初対面で話さないといけないのが実際です。

実体験で感じた利点

1)参加費も大抵は1万円以下で、自分が参加できるカテゴリーのパーティが必ずあります。

2)時間ができたら当日申し込んで当日参加することも可能で、非常に手軽です。

3)自分から積極的に動く方、男性でいえばナンパの得意な方はねらい目です。

4)男女とも、ご自身の容姿に自信のある方は参加しても、チヤホヤされるので嫌な想いはしないと思います。

 

実体験で感じた欠点

1)相手に関して吟味しているわけではない。お金さえ払えば参加できるし、主催者としては、結婚に至るように積極的にサポートするわけではありません。

2)結局、第一印象と見た目で判断するしかない。

3)人数も基本20人以下で、効率よく大集団から探せるわけではない。嫌な相手であっても自己紹介等の時間があるし、好きな相手だからと言ってアピールする時間が長くなるわけでもない。一言で言えば非効率。

4)異性よりも周りにいる同性が気になる。特にバツイチの場合は、バツイチのカテゴリーのパーティに参加しないと、大きな劣等感を感じる。私は実際に感じた。

5)カップリングでカップルなれないと惨めである。自信を失うし、参加したくなくなる。私がそうでした。

6)カップルになれたとしても、その20人以下の集団の中で選んだだけであり、自分が結婚しようと真剣に思えない場合がある。私の家内はモテたようで、必ずカップルになれたといっていましたが、結婚相手とは違うなと思い、その場の連絡先交換だけで終わってしまう方も多かったようです。

私の場合は、2回ほど参加して2度と参加しようとは思いませんでした。どんな相手が来るかわからないし、20人弱の中から第一印象で選ぶのは得策と思えなかったのです。一番の理由は2回ともカップルになれずに、惨めな思いをしたことです。カップルになれなかった人は、私を含め、そそくさと帰っていきました。婚活自体が苦痛になると思ったので、婚活パーティで相手を見つけること早々に断念しました。

私が無理だっただけであって、今の家内は、婚活パーティを積極的に利用していました。

出会いのサポート!【フィオーレパーティー】

オミカレ
ご自身にあっているかどうかは、一度は試してみることをお勧めします。

大手の結婚相談所に申し込む - 結局途中で退会する。

結婚相談所に申し込むのが、金額的にも一番高く、いわゆるお見合いをセットアップしてくれます。

昔ながらのお見合いをセットアップしてもらいたい方には、その方の選択肢なので、決して否定するわけではありません。

下記のような現代のニーズも考慮している結婚相談所があります。

パートナーエージェント

大人の婚活【Kizuna】

 

私の幻想
  • 値段が高いから、それなりの人を紹介してくれるだろう。
  • 相手との仲をベストな感じで取り持ってくれるだろう。
  • 明治時代はほとんどの結婚が、お見合いだったので、バツイチで子供が二人いるという悪条件で決まるのは、結局はこの結婚相談所を介してであろう。

実際は、

結論から言うとすべてが裏切られました。

1)10人ほど紹介してくれましたが、私が会ってみたいという人は誰一人いませんでした。子供と親がいて、子供と親の世話をするために結婚してくれというような方や、どう見ても魅力的ではない方を紹介してきました。-私の現在の家内も、私と全く同じ幻想を抱いて、結婚相談所に申し込んだようですが、全く同じく心惹かれる相手の紹介はなかったそうです。

2)「高望みすぎだろ!」お叱りを受けるかもしれませんが、後程紹介する婚活サイトで出会った人の方が、何倍いや何十倍も魅力的でした。

3)あと、身だしなみ講習、女性との接し方講習など、数万円もする講習を薦めてきて、さらにお金を要求する姿勢や、「高望みはどうですかね?」という暗に断り続けることを非難する姿勢に嫌気がさして3~4か月で退会しました。それでも30万円程度支払ったと思います。

なので、私個人の体験から、少なくとも、何人かとお付き合いした経験があり、一回結婚の経験がある方なら、結婚相談所はあまりお勧めしないです。言葉は悪いですが、「料金が高い」という印象があります。

「お見合い相談所が、あなたの価値観、恋愛観、結婚観、ライフスタイル等を把握して、あなたが幸せになれるお相手を具体化し、そのお相手を紹介して、結婚につなげます。」ということで、高額な値段を取っているのだと思います。本当にそんなことが可能でしょうか?あなたの長い人生が、親でも親友でもない、たった数回面談した相手に完全に把握され、あなたが幸せになれるお相手を紹介して、結婚に導くなんて、信じることができますか?

たとえ、それが本当だったとしても、自分自身で見つけた相手と結婚したいと思いませんか?だって、ご自身の人生じゃないですか?ご自身で判断したのなら、どんな結果でも、ご自身で責任をとるという納得はできますよね?でもそんなに異性と出会う機会がないのなら→婚活サイトが最適です!!!

ただ、明治時代から昭和の初期にかけては、お見合いが主流だったので、すべてを否定するつもりはありませんし、私が当たった結婚相談所がイマイチだったのかもしれません。

婚活サイトに絞る

婚活サイトとは、ひとことで言うと「結婚を目的としたマッチングサービス」です。つまり、自分の経歴、年収、家族構成を書き、かつ性格、相手にも求めるもの等の条件を細かく書き、顔写真も載せて(その当時は載せなくても良かったのですが、載せないとマッチングするチャンスは極端に減るという大きな事実があります)、サイトに登録します。すると、相手の女性が登録した登録情報を見ることができるようになります。そして、検索機能を使ったりして、自分が気に入る相手を探し出すことができます。気に入った相手には、ハートマークで気に入っていることをアピールすることもできますし、お話ししたいとメールすることもできます。その際は、自分のメールアドレスや相手のメールアドレスは非公開でのやり取りなので、当時はセキュリティ的にも安心でした。更に、お互いにメールのやり取りで気に入った場合は、会うこともできます。会って、デートを重ねて、結婚に至るというシステムです。

実際に私は、「エキサイト恋愛結婚」、現在は「エキサイト婚活」名前が変更されていますが、これ一択でした。そして、この婚活サイトで再婚することができました。「エキサイト婚活」には本当に感謝しております。

エキサイト婚活

私が感じた利点 -いいことが非常に多い!

1)登録人数が数万人もいるので、非常に大きな母集団から相手を探すことができる。

2)料金も月数千円であり、コストパフォーマンスが一番いい。

3)相手の経歴、家族、結婚に臨むもの等が詳細に書かれていて、第一印象やパッと見で判断するのではなく、内容で判断できる。

4)相手のバックグラウンドも分かり、メールの遣り取りもして、ある程度気が合うことが分かってから実際に会うことになるので、結婚相手探しとしての効率がいいい。

5)登録者数が多いので、何回断られても、直接会ったわけでもないので、ダメージが少なく、母集団が多いので、何人にも遠慮なくコンタクトすることができる。

6)空いた時間で、メールの遣り取りができるので、負担が少なく、色々な方にアクセスできるので、楽しい。

私が感じた欠点

1)母集団が大きく何人とも遣り取りができるので、1人に絞ることができなくなる可能性が出てくる。もっと良い人が出てくるのではないか?あるいは、本来の目的の結婚を忘れて、複数の方々との恋愛を楽しむようになる。→これは絶対に避けるべき。あまり度が過ぎると、結婚詐欺になりますよ!

2)仲介人が居るわけではないので、申告内容が本当に真実かどうかは注意が必要である。そのため、早めに直接会って、ご自身の目で判断することをお勧めする。あるいは、友人に来てもらって客観的な意見を聞くことも、詐欺から身を守るには重要である。

このような経緯で私は、婚活サイトの「エキサイト婚活」1本に絞ることになります。「エキサイト婚活」での婚活は、苦痛ではなく、どちらかと言えば本当に楽しいものでした。理由は、忘れていた恋愛を思い出させてくれたことが一番です。次には、転職活動とは違って、婚活を諦めるという選択肢も私にはあったので、肩の力を抜いて取り組むことができあからです。

ただ最近は、結婚相談所のような機能もある婚活サイトが出ています。一度チャックしてみるのもいいかもしれません。

スマリッジ

婚活サイトの機能に加え、従来の結婚相談所と比べても遜色ないサービスを提供するというもの。料金は、結婚相談所に比べれば、非常に安い。

 

まとめ

私の経験から、

1)バツイチ中高年の婚活は、結婚相談所のアドバイスでなく自身で判断すべき。

2)その場合、婚活サイトが一番コストパフォーマンスが良く、かつ再婚相手探しとしての効率も一番いい。

 

中高年の婚活 ― 私のプロフィール公開!
中高年の婚活 ― 私のプロフィール公開!「エキサイト婚活」で私が実際に書いたプロフィールを公開しちゃいます。今から読み返すと、自己PRで差別化を図っていました。身元がバレない程...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です