即金4000万円のリストラ離婚後の転職
リストラ離婚で即金4000万円渡し、仕事と家庭を同時に失った管理人
転職

中高年 転職 - 年齢の壁

中高年 リストラ転職 - 年齢の壁

正直、年齢の壁は思った以上に高いです。50代で転職するのは基本的にNGです。将来の伸びしろのない50代が転職するなら、それなりの理由が必要です。事業所の完全閉鎖で、十分な割増退職金が貰えるとかの理由がない限り、今の会社にしがみつくのが一番の得策です。

 

年齢の壁は、こうしたら越えられるよと言いたのですが、普通の50代のサラリーマンの場合は、基本、年齢の壁は超えられません。期待した答えと違うと言われたら、謝りますが、世の中は、基本当たり前のことしか起きません。奇跡を目指すことは得策ではないです。

 

人生100年時代

今や人生100年時代です。私の子供たちは、100歳まで生きることができる時代になったのです。私が小学校1年生の頃は、男性の寿命は60代でした。このように時代が大きく変化したのに、働き方はそれに比べ、ほとんど変化していません。年金が貰えるのが、基本65歳になったので、定年も65歳まで延びれば良いのですが、まだまだ60歳までです。

1)  法律的に、65歳まで希望すれば働けるようになりましたが、60歳以降の賃金は、極端に減らされます。私がいた以前の会社では、60歳以降は同じ仕事をしても、年収は60%以上減りました。びっくりです。1000万円貰っていたいた人が、400万円になるのです。学校に通っている子供がいると生活していけない額です。

 

2) 更に、会社によっては、60歳の定年になる前に、役職定年というのが設定されている場合があります。だいたい55歳で設定さえている場合が多いです。その場合、55歳以降になると、平社員に格下げになり、年収も平社員と同じになるので、かなり目減りします。

 

3) 今のサラリーマンの制度では、50代のサラリーマンは、生産性に比べて賃金が高すぎると考えられています。

このように、70歳でも元気で溌溂として働かれている方も沢山いらっしゃいます。しかし、自営業でない限り、サラリーマンのような雇われの身分では、給料はアルバイト並かそれ以下しか期待できません。年金を貰わないと暮らしていけない制度になっているのです。

人生100年時代の折り返し地点の50歳の脂ののったサラリーマンが、活躍できる場は、転職市場においては、ほとんどないことを認識しましょう。

 

割増退職金は中高年が一番高い

私が40歳時にいただいた割増退職金の支給額は、

― 40代前半から50代前半までの支給率が100%でした。

 

― 40代前半より若い年齢だと、支給率は落ちていき、20代だと50%程度まで落ちたと記憶しています。

 

― 50代中頃からの支給率の減りは極端で、59歳だと20%ぐらいだったと思います。

リストラに伴う割増退職金に関しては、下記の記事を参考にしてくれれば幸いです。

中高年 リストラ転職 - 割増退職金は絶対もらうべき?
中高年 リストラ転職 - 割増退職金は絶対もらうべき?結論から言えば、「ノー」です。運が良いときだけ貰えるものだとの認識をしましょう。 実際に私が中高年でリストラに遭った時に、企業は自...

 

この支給率の基準は、次の転職先を探す難易度に直結していました。なので、40代前半から50代前半が一番転職先を探すのが難しいということなのです。じゃ、50代中頃からだと、転職先を探すのは簡単になるのかと言えば、全く違います。もっと、もっと難しくなるのです。しかし、もう50代中頃以降だと、貯えもあるし、60歳から年金も貰えるだろうから、働く必要はないという意味で、これほど支給率が極端に低下しているのです。

◎50代中頃以降は、働くことを期待されていない?

◎50代中頃以降は、今までの貯えと年金で死ぬまで十分に暮らしていける?

少なくとも私はそんな状況ではありません。人生100年時代なのに、サラリーマンの制度は、人生60年時代のまま止まっているのです。つまり、50代のサラリーマンが、転職市場において、価値があるということは基本的にないのです。誤解を恐れずに言えば、もう終わってしまっている人材価値なのです。」

 

しがみつくという選択肢

偉そうに(?)、40歳と50歳の中高年で転職して、給料もアップで、転職が成功したと私は書いていますが、ある意味非常に幸運だっただけかもしれません。ただ、その幸運を引き寄せるための方法は書きましたので、興味のある方は参考にしていただけるとありがたいです。

私のプロフィール

リストラ離婚で即金4000万円渡した中高年リーマン
リストラ離婚で即金4000万円渡した中高年リーマン大手外資メーカーの事業所閉鎖のため、40歳でリストラと同時に結婚12年目の妻に離婚を言い渡されました。違約退職金と親からの借金で、400...

今、50代の私が次に転職して給料をアップできることは、まずないと思っています。今の会社に65歳までしがみつくのが一番の選択だと思っています。もちろん60歳以降は、給料は今の半分以下になることも覚悟しています。それでも、他の会社に転職するのと比べれば、良い給料を貰えているということになると思います。

 

下記の記事でも書きましたが、50代は会社内弱者であることをしっかりと認識して、生き残っていくしかないのです。

中高年 リストラ転職 - 50代は会社内弱者であることを認識せよ!
中高年 リストラ転職 - 50代は会社内弱者であることを認識せよ!私が子供の頃は、年功序列、終身雇用がサラリーマンの典型でした。いい大学に行って、大手企業に入って、一生ひとつのところで勤め上げることが大...

 

年功序列の終身雇用のサラリーマン生活は、遠い昔の話です。バカにされようが、イジメられようが、兎に角、会社にしがみついて、生きていくしかないのです。

どのようにしたら、会社にしがみつけるのか? → 必死に会社に貢献して、実績を出すしかないのです。正に、背水の陣です

「好きなことをして生きていく。」「会社を利用するのであって、しがみ付かない。」「自分らしい生き方」「社畜なんて、ありえない。」という生き方が、若い世代では叫ばれています。そして、実際に、それを目指して、会社を辞めていく人もいるでしょう。

結構私自身目にしているので、50代のオヤジからすれば、カルチャーショックです。ある意味、羨ましい限りでもあります。ただ、その後、その若者がちゃんとした転職先に就職し。年収も恵まれ、自己実現しているという前提であればの話です。

 

私の決意

私は、もう年齢的に転職はできないので、泥水をすすりながらでも今の会社で生きていく決意です。「社畜上等」「好きなことだなどせずに、会社の指示に必死で従います。」馬鹿にしたければ馬鹿にされてもいいですが、会社内弱者の50代サラリーマンの私にはその道しかないのです。極端に言えば、うつ病になっても、ドクターストップがかかるまで働く覚悟です。

 

年齢は大きな壁です。50代のサラリーマンは、良い条件では転職できないことを心に刻みましょう。隣の芝は青くないのです。今の会社で精一杯仕事して、命がけで勤めあげましょう。それが私からのメッセージです。

といっても、私は有難いことに、ホワイト企業に勤めているので、基本的に理不尽な目に遭っていません。また、労働環境も非常に恵まれています。なので、そのような決意でいるという意気込みを書かせていただいた次第です。

 

 

 

※ブログランキング参加中です   にほんブログ村 転職キャリアブログへ      

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です