即金4000万円のリストラ離婚後の転職
リストラ離婚で即金4000万円渡し、仕事と家庭を同時に失った管理人
リストラ離婚

中高年 リストラ離婚 - 養育費等で4,000万円一括で支払った

中高年 離婚 - 養育費等で4,000万円一括で支払った

本当に一括で4000万円支払いました。

まず4000万円を、離婚の際に一括で支払ったと言ったら、「馬鹿じゃない」と言われますが事実です。たぶん、弁護士を立てて話し合いをしたら、4000万円どころか、月10万円の養育費にもならなかったと、言われたことがあります。私も、法テラスのような無料の弁護士相談に行った際にいわれたアドバイスです。

 

じゃ、4000万円支払ったことに後悔しているかと言えば、別に後悔していません。しかし、その際の取り決めである「子供と好きな時に面会できる」という約束を反故にされたことは、未だに納得しておりません。誰が何と言おうと、この点に関しては、元嫁に非があると感じています。破格の4000万円の養育費と慰謝料を払わせておいて、子供との面会をさせないとは、理解に苦しみます。少なくとも、離婚合意書に書かれていることを破ることは法律絵的にも人道的にも非難されるべきです。正直、法的手段を考えましたが、日本の法律の不備や子供たちのことを考え、私の方が折れました。

この事実だけでも、離婚したことは正解であったと感じていますし、元妻の私に対する離婚後の仕打ちは、納得できるものでなかったと認識をしております。ただ、もう元妻とは他人なので、その辺は割り切っています。他人である元嫁を非難するのは時間の無駄であり、子供たちの幸せを考えることが何倍、何十倍、いや何千倍も重要であると思っています。

 

なぜ4000万円も支払ったのか?

一言で言えば、別れた子供たち二人のためです。

離婚して一番迷惑をかけるのは、子供達です。特に経済的理由で困窮することになると、ちゃんとした教育を受けさせてあげることもできません。私が、直接会って愛情を注げない罪滅ぼしとして、せめて十分な経済的支援はしたかったのです。子供には何の罪もありませんから。

一括してこれだけのお金を払っておけば、私立中学、高校に行くことも経済的に十分可能なので、私もかなり無理をしました。実際に、二人の子供に、私立中学校、高校に入れて、教育を受けさせてくれた元妻には心から感謝しています。長男は、家内と私の母校の同じ学部に、現役で合格し、楽しい大学生活を送っていると聞いています。本当に良かったです。私が子供に残せる一番の財産と言えば、教育しかないと思っています。なので、元嫁の教育方針に心から感謝しています。そして、長男も次男も非常に頑張って、それなりの学校に入学してくれたことを誇りに思っています。

今まで会えていないと言え、血のつながった我が子が立派に成長にしてくれることは、心から嬉しいです。大したオヤジではないけれども、今後息子達が、私なんかを余裕で越えて、立派な社会人となってくれることを心から願っております。このように、長男と次男という宝物を得て、私の子孫として繁栄していってくれるだけでも、元妻と結婚した介があったと心から思っております。

もちろん嫁にも迷惑をかけたと反省したためです。

下記の記事にも書きましたが、アメリカという慣れない土地で、かつ業績を出さないといけにプレッシャーに晒されたため、妻には非常に迷惑をかけたことは認識しました。

中高年 離婚 - 離婚宣言への対応
中高年 リストラ離婚 - リストラ離婚宣言への対応下記の記事に私の実体験である「本当に突然に離婚を言い渡された」ことについて書きましたが、今回はそれに対して、実際にどのように対応したかに...

そのため、妻にはかなりのサポートをしていただいていました。その割に、妻や子供たちにプレッシャーのため優しくできなかったとの後悔が沢山ありました。私は、自分の実力以上に背伸びをして、アカデミア(大学関係)で心身を削りながら仕事をしていたので、企業への転職を考え実行しました。企業に就職したことにより、事業所閉鎖によるリストラで、割増退職金でかなりのお金が私の懐に入ってきました。

罪滅ぼしのため、そのお金は全額、前妻に渡しました。それ以外にもかなりのお金を払うことにしました。結局、合計4000万円も支払いました。正直、破格の金額です。そのため、完全に私は一文無しになりました。

「子供達と私の一生分の面倒をみて欲しい。」というようなことを言われたこともあり、その当時で、私ができうる最大限の金額を払いました。

 

40歳で無一文

4000万円も調子に乗って支払ったため、実の親からかなりの借金をしました。結局返せなかった(額が大きすぎた)ですが、私は一人子だったので、兄弟から非難されるということはありませんでした。その代わり、本当に無一文になりました。しかし、全く絶望はしていませんでした。また、ゼロから始めたら良いと思っていました。

ただ、お金のなかったのはきつかったですね。幸い、大手内資系企業に就職ができ、給料も上がったので、問題なく生活していくことができました。離婚したことで、会社の独身寮に入ることができ、生活費を抑えることができたので、徐々に貯金をすることができたのは、有難かったです。

亡くなった私の父から言われていたことは、

父

嫁さんが別れたいと言ったら、男らしく分かれてやれ!

そして、その時持っているお金を全額くれてやればいい。

父

そこまでしたら、十分だ!あとはお前の好きに生きればいいんだ!

父

なので、結婚はあんまり得じゃない。一生独身というの悪くない選択肢だ。

私の親父は、昭和の考え方と、結婚無用論の進歩的な考え方をする不思議な人物でした。

離婚時に、すべてのお金を別れる妻に払うという英断(?)をしたので、私の親父も草葉の陰で喜んでくれているのではと思っています。

 

それでも再婚できた

無一文になったらある意味、怖いものがなくなりました。今が底辺なので、後は上がるのみだとの前向きな気持ちになりました。それにしても、スッカラカンになったにも関わらず、再婚をしようとする自分自身には少しあきれ返りました。逆に、無くすものが何もないので、再婚相手を見つけようと思ったのです。財産を持ったお金持ちは、やはり結婚するときには、愛情ではなくて、お金目当てではないかという心配があるのは、想像に難くないです。でも、私の場合は、全くお金がないので、その心配がありませんでした。何の自慢にもなりませんが、その点の懸念はないことが、前向きに再婚を考えられた一因でもあります。

 

逆に、無一文だと、再婚に関しては、貯金がないことは言いませんでした。いや、正直言えないですね。婚活をしていて、私の貯金額を聞くような女性はいませんでしたが、、、。年収はもちろん、プロフィールに書いていたので、それで判断してくれたようです。あと、必ずお会いした時には、勤めている会社の名刺を渡すようにしました。誰もが知っている国内大手企業だったので、私の貯金額に関して聞かなくても、それなりの額は貯金していると想像したのかもしれません。

 

婚活のしている女性の皆さん!

結婚しようとしている男性の貯金額は絶対に把握していた方がいいですよ!

それなりの年収があるのに貯金が少なければ、何らかの理由があるはずです。そこから、ギャンブル好きとか新興宗教にはまっているとか、色々な情報を得ることができますので。

 

私は離婚して、4000万円もの慰謝料と養育費を払った言っていました(事実だから)。なので、逆に再婚相手からは、この人と離婚することになっても、ちゃんと慰謝料と養育費は破格に払ってくれると思われたのかもしれません。このように無一文の状況が、再婚において大きな強みになったのかもしれません。

正に、「禍福はあざなえる縄の如し」です。

禍福はあざなえる縄の如し

禍福は糾える縄の如し(かふくはあざなえるなわのごとし」とは、人生をより合わさった縄にたとえて、幸福と不幸は変転するものだという意味の故事成語です。

不幸を嘆いていると、いつの間にか幸福となり、幸福を喜んでいると、また不幸になる、ちょうどそれは「より合わせた縄のように表裏が交互にやってくる」ということを表しています。

出典:TRANS.Biz

 

神様は見てくれている(リストラ離婚されても)

40歳の時に無一文になっても、何とか生きていけていますし、世間的に見ても貧乏な部類には入っていません。もちろん金持ちの部類には逆立ちしても入れませんが、それなりに生活できて、再婚もできたので本当に幸せです。

今、元妻に対しては、長男や次男を良く育ててくれたとへの感謝の気持ちしかありません。

離婚直後は、腹も立ったりしていましたが、その後は何も感じなくなりました。というか感じないようにしました。元嫁に対して、怒ったり、憎んだりしていることは、愛情の裏返しです。自分自身が元嫁に対して、愛情を感じなくなったら、怒ったり、憎んだりしなくなります。他人なので、どうでもいい存在なのです。私はそれを強く意識しました。元嫁に対して、ニュートラルな状況を保つようにしたら、怒りや憎しみは全く消え、感謝できるようになりました。

綺麗ごとではなく、本当にそうなりました。元妻は他人なので、他人期待しても仕方ありません。私の子供を彼女なりに精一杯育ててくれるだけで、十分ではないでしょうか?離婚合意書に反して、子供たちに面会できないことに関しては、思うところがあります。ただ意固地になって、無理に私と子供たちが面会しても、元妻の態度がああだといい影響を及ぼさないと思い、受け入れました。

 

元妻は実質上再婚しているのですが(籍は入れていない)、それに関して、本当に祝福できるかどうかが、離婚するときには一番重要なことになります。それに関してはまた、別の記事で詳細に書かせていただきます。

 

私は離婚して、幸せになりました。元妻も私と離婚して幸せになっていると思っています。結局、神様は離婚したとしても、元旦那と元妻が、それぞれ必死に幸せを求めて生きていたら、幸せをもたらしてくれるということが、今回の経験から良く理解でしました。世の中、捨てたもんじゃないです!

 

 

※ブログランキング参加中です   にほんブログ村 転職キャリアブログへ      

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です