即金4000万円のリストラ離婚後の転職
リストラ離婚で即金4000万円渡し、仕事と家庭を同時に失った管理人
リストラ離婚

妻が離婚したい真の理由を知る

妻が離婚したい真の理由を知る

私が実際に離婚を言いだされた時に、離婚したい理由を真摯に追及しなかったことに対しては、後悔しています。

離婚するにせよ、婚姻関係を続けるにせよ、なぜ妻が離婚したいのかの真の理由を知ることは、今後の人生にとって非常に大事です。

 

浮気を調べる

妻が浮気をするはずがない。そんなことを調べるのは全く無駄であると考えるのは早合点であると言えます。

何の前触れもなく、急に離婚したいと言い出した場合は特に、そんなことはないのがわかっていても調べておくに越したことはありません。

離婚することになると、条件交渉等の話し合いで弁護士のお世話になることが考えられるので、初めから大手弁護士法人が運営しているALG探偵社がいかもしれません。基本調査料金は6,000円 (1時間/調査員1名)です。高い気もしますが、これでも業界の相場よりは安いそうです。

ALG探偵社

離婚するための浮気の証拠を集めるとなると、包括的な調査をしないといけないので、色々と大変です。その場合は、時間単位ではなく、浮気の証拠をちゃんと見つけた場合のみにお金を支払ったらよい探偵社のほうが、結局は安くなるでしょう。

浮気調査なら、さくら幸子探偵事務所


24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】


【リッツ横浜探偵社】

実際に、妻が浮気しているかどうかをある程度見定めたいのなら、それなりのクオリティで料金の

安い探偵社がいいということで、ALG探偵社をお勧めいたします^^

ALG探偵社

浮気をしているかどうかは、夫婦二人の話し合いでは絶対に教えてくれない重要な事項なので、このことについては、必ず二人での話し合いの前に把握しておくようにしましょう。

 

話し合いをする

浮気しているかどうかの事実を把握したら、次は、夫婦が冷静になってじっくりと話し合うことです。

どうしても、感情的になって激高してします場合は、間に誰かに入ってもらって、冷静な話し合いを取り戻すようにしましょう。

例え、浮気していた場合でも、そのことを不必要に話題にしたり、責めたりしないようにしましょう。

目的は、妻が離婚したい理由を知ることなのですから。

 

離婚を突き付けられた旦那がまずやるべきことは、

1)  離婚をするかどうかを論点にしない。

2)  妻が離婚をしたい理由をすべて挙げてもらう。

3)  その理由の中で、特に決定的な理由を列挙してもらう。

 

次に、離婚を突き付けられた旦那がやるべきこと。

1) 離婚したい理由に、明らかに自分自身の非があればあれば、素直に謝る。(結局、最終的に離婚になったとしても、悪いことは謝るべきです。人として。そして、それが結局は、死ぬときに後悔とならなくなります。)

2) 理解できない理由に関しては、穏やかに質問し、理解することに努める。

3) 誤解がある場合は、言い訳がましくないように、淡々と説明する。

 

その後、更に妻も気持ちを確かめるためにやるべきこと

1) 離婚理由を真摯に受け止め、夫の自分がが改善することができるかどうかを話し合う。

2) 子供がいる場合は、子供の親権や養育に関する妻の考え方に傾聴する。

この際に重要なことは、離婚を回避するために妻を説得しようとは絶対にしないことです。そして、旦那であるあなた自身の想いを妻に伝えようとしないことです。

 

ひたすら、

妻がなぜ離婚したいかの考えに至ったか?

離婚は不可欠を妻は考えているのか?

離婚後、妻はどのような生活設計を描いているのか?

に関して、真摯に傾聴することに努めましょう。

 

事実を正確に判断すれば、解決策は自ずと見えてきます。兎に角、話し合いで、事実を把握しましょう。

 

夫婦修復カウンセリングを受ける

浮気していることが分かって、それでも夫婦修復のカウンセリングがしたいのなら、料金は高いですが、リッツ横浜探偵社があります。

夫婦修復のカウンセリングもやっている探偵社はほとんどないです。

【リッツ横浜探偵社】

ただ、浮気とかはなく、冷静な話し合いができない、あるいは、間に人に入ってもらいたい場合は、まず無料相談ある夫婦修復カウンセリングにコンタクトするのがお勧めです。

そして、納得できれば、夫婦カウンセリングを依頼するのがいいと思います。

夫婦カウンセリングを行う「特定非営利活動法人 よつば」では無料相談があります。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://npoyotuba.com/soudan/syuhuku.html"]

 

夫婦カウンセリングを使って、高いお金を費やしたけれども結局何の役にも立たないということは十分にあります。

 

現在の私の妻もその経験者です。前の旦那さんとの離婚を回避しようと、夫婦カウンセリングを受けました。

しかし、誤解を恐れずに言えば、「妻の話を聞く。旦那の話を聞く。あとは、二人で話し合ってください。」と言ったものでした。

それで、30万円近くの料金を取られたとのことでした。

全くと言っていいほど、修復のための積極的な働きかけをしてくれないものもありますので、是非とも事前の調査をしてくださいね。

個人的には、二人で冷静にじっくり話し合ってダメなものが、夫婦カウンセリングでうまく行くのは難しいと思っています。冷静で客観的な話し合いができない場合に、夫婦間セリングのカウンセラーに間に入ってもらうのは有意義です。

 

まとめ

妻から離婚を切る出された時、妻が離婚したい真の理由を知ることは必要不可欠です。

特に、自分自身が納得できない場合は、そのまま放置しておくと、一生後悔することになります。

 

自分自身が納得できる真の理由を知ることができれば、その後どのように対処すればいいかは、自ずから明らかになります。

逆に、真の理由を知ることができなければ、その後の対処方法をどんなに必死に探しても、目も当てられないものになるでしょう。

最初の出発点が肝心です。それさえ間違えなければ、適切でかつ納得できる対処不法が必ず見つかります。

 

 

※ブログランキング参加中です   にほんブログ村 転職キャリアブログへ      

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です